子供 まぶた の 腫れ。 子どものまぶたの腫れは病気のサイン? その原因や対処法とは

😔 この病気が発症する原因は黄色ブドウ球菌です。 異常なまぶたの腫れや赤み、かゆみ、痛みを訴えているようであれば、早めに眼科を受診しましょう。

🤙 赤ちゃんや子どもたちで、保育園や幼稚園に預けていると、もらってくることも少なくありません。 ものもらい ものもらいは、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)という名前の病気です。

15

😉 夏風邪の代表です。 最後に 子供が蚊に瞼を差され、ビックリするほど膨れ上がっていたので、小児科で処方された薬を塗ったところ、あっという間に回復したという話でした。 小児ネフローゼ症候群 小児ネフローゼ症候群は2~6歳の子供に多く発症し、目の周りや顔など柔らかい場所のむくみから気づきやすい病気です。

1

😍 受診の際は、いつからまぶたが腫れているのか、他の症状はないのか、心当たりとなるきっかけがあるのかどうかなどを医師に伝えるとスムーズです。

5

🙂 しかし、ペーパータオルでゴシゴシし過ぎると、子供の肌には、余り良くない気がします・・・。

3

💅 小児ネフローゼ症候群 小さな子どもでの腎臓病は珍しいのですが、ネフローゼ症候群というものがあります。

4

☏ そのほかにも、下痢や食欲の低下、腹痛など消化器系の症状があらわれ、病気が進行すると腹部の膨満感や腸のむくみによる腹痛や胸水が溜まって呼吸困難を引き起こします。